人気ブログランキング |
■西村主審が大分選手に暴言「死ね」
b0009493_1232914.jpg
西村主審が大分選手に暴言「死ね」/J1
2008年4月30日(水) 10時0分 日刊スポーツ

<J1:東京1−0大分>◇第9節◇29日◇味スタ
 Jリーグで前代未聞のトラブルが起きた。29日に行われたJ1リーグ戦の東京−大分戦(味スタ)で、西村雄一主審(36)が試合中、選手に「死ね」と暴言を吐いたことが明らかになった。後半37分すぎの接触プレー後、判定に異議を申し立てた大分DF上本大海(25)に言い放った。居合わせた両軍の複数の選手も耳にしており、事態を重くみた大分側は証言を集めて文書を作成し、日本サッカー協会審判委員会に提出する方針を固めた。
 
選手たちは誰もが、自分の耳を疑った。一進一退の攻防が続いていた後半37分すぎだった。東京FW赤嶺と大分DF深谷がボールを競り合って接触。西村主審は、赤嶺のファウルと判断して大分ボールでの試合再開を促した。しかし、約17分前に赤嶺からファウルを受けていた上本が歩み寄り「赤嶺のひじが(深谷の体に)入ってました。今日2度目ですよ」と主張。警告が出ないことに異議を申し立て、その直後に「事件」は起こった。
 
上本をはじめ、その場に居合わせた大分と東京の複数の選手たちの証言によると、西村主審は「うるさい! お前は黙ってプレーしておけ。死ね!」と言ったという。


前から問題のある審判ですけど、『死ね』って。
それはまずいですよね。2ちゃんじゃ無いんだから。

小学生みたいですね。
国際審判なんだから、言葉遣いや態度も紳士たるべき。

人のコですから怒ることもあるでしょうが、
カッとする人は審判には向いてないですね。
b0009493_12344778.jpg

by mo-gu-mo-gu | 2008-04-30 12:36 | ■Sports
<< ■惜しいウルトラマン ■ニュースになるほどマッスアップ >>