タグ:宇宙 ( 8 ) タグの人気記事
■観測史上初!都心雪ないまま冬終了
暖冬でまだ初雪が観測されていない東京都心(大手町)は、2月最終日の28日もぽかぽか陽気。気象学的には、日本の冬は12月~翌年2月のため、今季の都心は統計が残る1876(明治9)年以降、初の「降雪なし」の冬となった。

 気象庁は「東京は真冬より春先に大雪が降りやすい」としているが、3月以降も気温は平年より高めと予想されており、雪が降るか微妙な情勢だ。都心の最も遅い雪の観測記録は、1967年と69年の4月17日。

 28日、東京は朝の最低気温が平年を5・8度も上回る9・0度で、雪には程遠い状態。最高気温も3月下旬並みの14・9度まで上がり、スーツを手にワイシャツ姿で街を歩く男性の姿も。

 気象庁によると、都心では1883年2月8日に46センチの積雪を記録したこともある。


http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070301-163267.html

ほんとにこのまま降らずに終わるのでしょうかねぇ。
記憶では卒業式が大雪だったり、入学式にパラパラという記憶があるので、
まだまだ降る可能性はあるでしょうけど、今年はかなり暖かいのでむずかしいかなぁ。

これも温暖化のせいなんでしょうか。
アカデミー賞でもAn Inconvenient Truth/不都合な真実が入ってくるあたり、
アメリカもそろそろ本腰を入れて考えないといけないですね。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2007-03-03 23:55 | ■Nature
■もしもの時のために・・・宇宙空間編
b0009493_2451349.jpg


http://www.colorado.edu/physics/2000/applets/satellites.html

地球と、月との引力を利用して加速度を上げるスイングバイの練習のjavaアプレット。宇宙空間で困った時のために(笑)・・・というのは冗談ですが、これ非常に面白いですね。月の引力を利用して、加速してアポロ13も地球に戻ってきていましたね。

クリックで隕石?がでます。マウスの速度で放り出されますので、ゆっくりと軌道をみて離すと月と地球をぐるぐる回ります。地球の引力がいかに強いかもわかりますね。

スイングバイを使えば小さな動力で、大きな加速を得られます。
探査船カッシーニとかもスイングバイを利用していましたね。
これ面白いですよ。おすすめです。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-09-22 02:49 | ■Nature
■人類は月に行っていない?
b0009493_15335019.gif
アポロ計画は元々、アイゼンハワー政権の末期にマーキュリー計画の後継として、より高度な有人地球軌道ミッションとして発案された。実際にはアポロ計画はジェミニ計画に続く3番目の有人ミッションとなった。ところが1961年5月25日に行なわれたアメリカ連邦議会特別両院合同会議の席上、ケネディ大統領の以下の声明によって、アポロ計画の目標は「1960年代中の月着陸」という挑戦的なものに劇的に再設定された。
「…私は、今後10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させるという目標の達成に我が国の国民が取り組むべきであると考えている。この時代の宇宙長距離探査の分野で、人類にとってこれ以上に素晴らしく、これ以上に重要な宇宙計画はないだろう。またこれ以上に遂行が困難で費用のかかる計画もないだろう…」
(wiki)

ケネディは月到着計画が容易でないから実行するのだと語ったのが印象的だ。この計画は無事成功し、電波の関係上日本では一部しかみられなかったようだが(20世紀少年でも書かれていますね)全世界に放映され、人類の新たなステップに全世界が驚喜した。

しかし一方で、これに批判的な人もいる。到着自体を疑問視して、認めないというグループだ。日本でもいくつかのテレビ局が放映しているが、その取り上げ方が問題になり、いつも議論の対象になっている。

日本のテレビ局ではテレビ朝日のみがこの説を取り上げている。2000年代はじめ、バラエティ番組「不思議どっとテレビ。これマジ!?」でこの説を紹介し、バズ・オルドリン宇宙飛行士など関係者に取材するなどした後、数度にわたって番組を放送したが、番組を観た視聴者の一部から編集方法に偏りがあるとの苦情が放送と青少年に関する委員会へ寄せられ、委員会よりテレビ朝日へ苦情に対する回答要請が出された。

その後テレビ朝日は、2003年の年末に放送した「ビートたけしの世界はこうしてだまされた!?」の中で、フランスのテレビ局が制作した『Opération Lune』という番組を紹介した。その内容は、アメリカ国防長官ドナルド・H・ラムズフェルドを始めとするアメリカ高官が、アポロ計画を捏造するために「2001年宇宙の旅」を監督したスタンリー・キューブリックに月面の映像作成を依頼したと告白するというものであったが、この番組はアメリカの高官の発言の合間に役者の演じる架空の人物の発言を挟むことで、高官が実際には言っていないことを言っているかのように錯覚させる「フェイク・ドキュメンタリー」と呼ばれるフィクション作品である。「ビートたけしの世界はこうしてだまされた!?」の司会者も、『Opération Lune』の紹介が終わったあとで「この番組はエイプリルフール用に作られた冗談番組です」と明言している。
(wiki)

実際の所どうなのだろうかと調べてみると、日本の宇宙航空研究開発機構/JAXAが子供向けにわかりやすい説明をしているサイトを開設していた。ここでは一問一答の形式をとり、数々の疑惑に対して、説明を行っており、『なるほど』と思える内容でとても興味深い。

http://moon.jaxa.jp/ja/popular/story03/index.html

何事においてもそうであるが、無いことを証明するのは難しい。あることを証明するのはでっち上げでも覆せないひとつの物証があれば成り立つ。これを悪魔の証明と呼ぶのだが、果たして人類は月に行ったのか。

日本の探査船が数年中に月に探査ロボットを送り込む。その際にアームストロングが突き立てたアメリカ国旗が翻っていれば(風ではないそうです)この疑問もスッキリすることでしょうね。
b0009493_15482441.jpg

[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-08-29 15:50 | ■Outer Space
■ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明
b0009493_2129128.gif

【ロサンゼルス=古沢由紀子】国際天文学連合によって冥王星が惑星から矮小(わいしょう)(ドワーフ)惑星に降格されたことを受けて、「白雪姫と7人のこびと」のキャラクターの「こびと(ドワーフ)」たちが24日、声明を出し、「ミッキーマウス」の忠犬、プルート(冥王(めいおう)星の意)を自分たちの仲間に迎え入れる用意がある、と発表した。

 ディズニー社によると、犬のプルートは冥王星が9つ目の惑星として発見された1930年に誕生したキャラクター。 声明は「こびと」たちが、矮小惑星に格下げされたことを不満として、プルートへの連帯を表明する内容。ディズニーのアニメで今後、忠犬プルートが実際にこびとの仲間に加わるかどうかは明らかでない。(読売新聞)
-------
先日たまたまプルートの画像をはりつけたらこんなことになってるんですね。七人の小人にとっても関心事だったとは、驚きです。それにしてもドワーフって言うんですね。

■ドワーフ(dwarf)は、人間よりも少し小さい伝説上の種族。神話・童話・ファンタジー小説やロールプレイングゲームに登場することが多い。大抵は背は低いが屈強で長い髭をたくわえているとされる。ドワーフ小人あるいは単に小人、矮人などと訳されることもある。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-08-26 21:29 | ■News
■冥王星、「降格」へ=太陽系惑星「8個」に
b0009493_1926227.gif
【プラハ23日時事】プラハで総会開催中の国際天文学連合(IAU)が焦点となっている太陽系惑星の定義案について、冥王星を惑星の地位から格下げし、太陽系の惑星数を計8個に縮小する内容の修正案で最終調整に入ったことが23日、明らかになった。この定義修正案が24日の総会の投票で承認されれば、冥王星は1930年の発見から76年にして太陽系9番目の惑星の地位を喪失、太陽系に関する教科書の記述が書き換えられる。
 
IAU総会筋が明らかにしたもので、修正案は(1)太陽の周りを回り、自己重力で球形を取る天体(2)軌道上で「圧倒的に大きい天体」−と規定。月の7割程度の大きさしかない冥王星は海王星と軌道が重なっていることなどから、「圧倒的に大きい天体」とは言えず、惑星の分類から外される方向になった。
---
決定したようですね。なんだか増やすつもりだったのに減ってしまったという皮肉な結果に。冥王星は教科書から消えていってしまうのですね。残念。画像はプルートです、あしからず。

「プルトニウム(Pu)」は1940年12月にカリフォルニア大学バークレー校でマクミラン、ケネディ、ウォーホルらが発見しましたが、冥王星の英語名"Pluto"にちなんでプルトニウムと命名されたということだそう。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-08-23 19:30 | ■Outer Space
■太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会
b0009493_1423563.jpg

左から太陽、水星、金星、地球、火星、セレス、木星、土星、天王星、海王星、冥王星とカロン、2003UB313。冥王星を除く8惑星にする修正案で最終調整に入った。9個から12個にする惑星の定義案が出ていた(EPA=時事)

ここの所かなり気になっていた記事ですが、増やすという選択より、『月よりちっちゃいの削った方がよくね?』という方向で意見がまとまりそうです。確かに軌道も違うし、もっと大きなカロンなど冥王星を認めることで、他はどうなる?という議論も産みますから当然といえば当然ですね。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-08-23 14:27 | ■Outer Space
■太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表
b0009493_22233943.jpg
天文学者の国際組織「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)は16日、これまで明確でなかった惑星の定義案を示した。それによると、米航空宇宙局(NASA)が昨年「第10惑星」と発表した「ゼナ」など3天体が惑星に昇格し、太陽系の惑星が9個から12個に増える可能性が高まった。

 定義案はプラハで開催中の総会で審議されている。24日の採決で承認されれば、1930年の冥王(めいおう)星の発見以来、太陽系の姿が大きく書き換えられることになる。

 これまで惑星の厳密な定義はなかった。しかし、海王星の軌道の外側で多くの小惑星が見つかり、冥王星を惑星に含めるかどうか、天文学者の間で長年、議論が続いていた。さらに、冥王星より大きなゼナが発見され、惑星の定義を求める声が上がっていた。
(読売新聞)

水金地火木土天海冥というので覚えてたんですけど増えるみたいですね。
太陽系が12個の惑星になるなんて。宇宙が広がったみたいで、何とも夏らしい話題ですね。

http://4d2u.nao.ac.jp/top.html

上は国立天文台のサイト。インターフェイスがおもしろいです。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2006-08-16 22:28 | ■Outer Space
■Google Earth
b0009493_1943054.jpg

数ヶ月前にGoogle Mapsを友人から紹介されて以来、友達が住んでる街や旅行で泊まったホテルなどを衛星写真で眺めたりして、いやはや凄い時代になったなぁと思っていたのですが、日本はその頃はまだ見れなくてアメリカってすごいわ〜と感心しておりました。しばらくすると日本も検索できるようになり、家の真上から自分の家を確認できたりと驚きの連続。今更ですがグーグル凄いですね。

ところが、さらにGoogle Earthなるものを発表。ブラウザ上ではなく現状ではwindowsマシン用のソフトウェアをダウンロードし、世界中のマップ、衛星写真を見せるサービスをβ版で開始しました。。グーグルマップとの相違点は3Dテクスチャでビルの高さや道路などをマッピングしており角度を変えて町中を見れることにあるんです!ニューヨークのビルの中を飛ぶように移動したり、自分の住んでいる街から、パリやバグダッド、北京やシドニーにだって飛ぶように移動できます。

オープンアーキテクチャなので、サードパーティがこのサービスを利用したソフトウェアを自由に開発でき、またユーザーはその恩恵に預かれます。例えばHotwired路線の記事によると、路線バスの会社が提供する情報に合わせてマップ内に現在路線バスがどの位置まで到着しているかなどリアルタイムで表示するサービスも始まっているようです。

また、このサテライトマップの面白いところは、思いがけない写真が見つかるところで、噴火直後の火山や、着陸の瞬間の飛行機だったり、イラクでは戦闘中の画像など(爆発してる様)も見れました。これらの写真はどんどんアップデートされ消えていってしまうのでしょうが、面白い写真がありました。

b0009493_20296.jpg

テキサスのトウモロコシ畑にドナ愛してると書いてあるんです(笑)ちなみにグーグルのブレンダー副社長によると、これを書いた男性は残念ながらドナをものにできなかったとのことです。

今は静止画でこのようなサービスが行われていますが、そのうち動画で見れるようになりそうですね。待ち合わせでも『今新宿についたよ〜、携帯で上から探してよ』みたいになるんでしょうか...サービスとして世に出回っている技術は先端から遅れること5年とも10年ともいわれているので、アメリカ軍などは衛星を使えば世界中のどの家もざっと見回せるんでしょうね。

そう言えば24のCTUでも衛星の録画を送ってくれとかいってましたもんね。
怖い怖い(笑)

http://earth.google.com/

b0009493_15315268.gif
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2005-07-27 20:09 | ■Software