<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧
■crap
b0009493_2247426.jpg

トイレットペーパーでcrapとはこれいかに(笑)
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-31 22:52 | ■Joke
■極寒の地
b0009493_67845.jpg

[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-30 23:46 | ■Joke
■ドミノピザ
b0009493_0345133.jpg

[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-29 00:37 | ■Joke
■BIGDOGが街に出てみた…よ?
b0009493_2475669.jpg

http://jp.youtube.com/watch?v=VXJZVZFRFJc&e

先日ブログに書いたキモすごいロボットが街に出ています…と、思ったらやっぱりどこの人も同じこと思っていたんですね(笑)

あのキックのシーンもリアルに再現されています。

先にこっちを見るとより楽しめますね。
http://jp.youtube.com/watch?v=W1czBcnX1Ww&e
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-28 02:52 | ■Movie
■蓄光を手に
b0009493_1565440.jpg

b0009493_1583838.jpg

普段太陽光をあまり浴びない生活をしているせいか、とても太陽が恋しくなることがあります。太陽の恩恵とでもいいましょうか、太陽光発電や温熱なども家に装備しておりませんし、あまり太陽をエネルギーとして感じることも身近にありません。

柔らかい光と、暖かさを微妙にですが感じられるのが、MOON JARとSUN JAR。上がムーンで、下がサンな訳ですが、違いはLEDの色だけみたいですね。

ご覧のとおり、昼間太陽光で蓄電し、夜に発光させられます(夜に限らないけれども)なんだか、ちょっといい感じの照明ですね。

ところで、なぜに月の光は青白く、太陽光はあたたかな色を連想させるのでしょうか。赤い月もありますし、光としてそれほど強く青や赤色を感じている訳でもないと思います。なんででしょうねぇ。青白いものは欧米では死を連想させますよね。月は死を、太陽は生を連想させます。なんだか不思議ですね。

オチも特にないのですが、僕は青い方が好きです。
ちなみにMOON JARの方がなぜか5ドルくらい高いです。

青色LEDが高いからでしょうか…

via perpetual kid
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-27 02:07 | ■Product Design
■LOVE&HATE
b0009493_815259.jpg
b0009493_8153618.jpg


一見なんてこと無いTシャツなのですが胸にLOVEとかHATEの味のある(?)プリントがあります。いわゆる『好き、嫌い』Tシャツなのですが、鏡に映すと…

これはすごい!!お値段は20ユーロほど。
欲をいうと、プリントじゃなくて刺繍だとうれしかったかなと。
買わないけどw


via made in design
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-26 08:21 | ■Product Design
■Takehiko Inoue at Kinokuniya NYC
b0009493_12585986.jpg
b0009493_12591089.jpg
b0009493_12592599.jpg
On November 16, 2007, famed manga artist Takehiko Inoue (of Slam Dunk and Vagabond fame) arrived at Books Kinokuniya's newly opened midtown location in New York City to begin work on a special mural. The mural, an expansive black inkwork on the wall and ceiling in Vagabond style, greets shoppers arriving on the second floor (dedicated to manga, DVDs, and art books) upon exiting from the escalator. A small "omake" piece also looks down on shoppers descending the stairwell.


昨年、ニューヨークの紀伊国屋に井上雄彦さんがバガボンドの壁画を描いたそうですが、素描で、筆、公開描画なのにこの迫力。もはや芸術ですね。

おまけ(遊び心もにくいです)
b0009493_1325862.jpg


via ANN
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-25 13:03 | ■Design
■球児の涙の裏には
b0009493_1956987.jpg

+クリックで大きくなります。

よく新聞などで見るあのシーンはこうしてとられてるんですね。

興ざめです(涙)
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-24 19:56 | ■Joke
■うぐ、苦しい
b0009493_23314424.jpg

[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-23 23:31 | ■Joke
■日本語は難しい
臨月に入った、ある奥さんが電車に乗った時の出来事。
上品な紳士に席を譲られ、お礼を言って座りました。その紳士が下車する一瞬、紳士の着るスーツの襟に付いた、見覚えのある社章に気付きました。
「主人と同じ会社だ」
帰宅したご主人に事の顛末を話しました。奥さんから聞いた背格好から推定し調べた結果、顔見知りの、別の課の課長さんである事が判りました。
課長さんは「ああ、君の奥さんだったのか。こんな事もあるんだねぇ」と言い、この偶然について驚いていたそうです。

3ヶ月後。
課長さんの自宅に、奥さんの名前で一通のハガキが届きました。赤ちゃんの写真が印刷され、その横にはこう書き添えられていました。
「その節は、ありがとうございました。この子は、あの時の子供です」

その日、課長さんの家は、大変な修羅場と化したそうです。


via 続・妄想的日常

ボタンの掛け違いって怖いですね。
メールでもこういうことが起こるので、なるべく共通の話題でも他に人が見てもわかるように話を端折らないで書くようにしないといけないですね。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2008-03-22 03:37 | ■Joke