■花と銃と
b0009493_549249.jpg


この写真を見て『どっかでみたんだよなぁ』と思いました。

b0009493_550099.jpg


これでした。
http://www.retired.jp/

語弊がありそうですが、現実的なことを言えば、銃も必要なところでは、必要なんですけどね。花を持っている人も、直接的ではないにしろ敵視している、兵隊さんに守られている国にいるからこそ出来る運動な訳で、紛争地域では同じことは出来ませんものね。パーンと打たれて終わりです。ただ、銃社会からの脱却を声高に訴えるのは決して無駄なことでは無いと思います。

ま、それはそれ、これはこれ。

テロなどもありましたし、テロリストに知り合いがいる大臣も飲み屋の痴話話のように国防について漏らします。大臣ですらそんなですから、平和ぼけしている私たちも、自分たちが当事者になるというシナリオも少し頭に入れてもいいのではないかと思う今日この頃です。でも攻めてこられても僕にはなんもできんものね。どーしたものでしょうか。こういうとき竹槍世代の方がむしろしっかりしてるのではないかと思うのです。

ちなみに断っておきますが、今回の内容は上のサイトとはなんも関係ないですよ。
[PR]
by mo-gu-mo-gu | 2007-11-13 06:08 | ■Design
<< ■透けるコンクリ ■ジャック・スパロウ  …ではない >>